Recent Entry

Archive

« 2017年05月 | BLOG INDEX | 2017年07月 »

サマー・セミナー受付スタート!

summerseminar-main-visual.jpg
今年も7・8・9月と開催する『サマー・セミナー』の季節が近づいてきました!

全国の音楽を学びたい皆さん、いよいよ6/1よりエントリー受付がスタートしております!(^o^)/
2日間でしっかりとスキルアップできるこのセミナー、自分も入学前に参加した!というメーザー生も多いのではないでしょうか♪

レッスンを担当するのはもちろんメーザー自慢の講師陣!
インストラクターとして、そして一流のプロ・アーティストとしての経験から得たスキルを確実にレッスンしていきます。
今年もそんな『スペシャルレッスン』を担当する講師陣が決定しました〜!!!!!
今回は少しだけですがご紹介いたします♪
_____________________________________
◎サマー・セミナーVol.1
開催日程:7/29(土)〜30(日)

ギター:養父 貴
『ここから始める ソロ&アドリブギター講座』

ベース:満園 庄太郎
『ロックベース講座!』

ドラム:一ノ瀬 久 [一Q]
『アニソン・ドラム攻略法』

インストラクターのプロフィールはコチラをチェック!
http://www.mesar.co.jp/instructor/

◎サマー・セミナーVol.2
開催日程:8/26(土)〜27(日)

ベース:二家本 亮介
『アドリブ実践講座』

ドラム:渡辺 豊
『ツアーサポート・ドラマーの世界』

プロフィールはコチラをチェック!
http://www.mesar.co.jp/instructor/

_____________________________________
他にもまだまだ多くのインストラクターがみなさんをお待ちしています♪
メーザーでしか体験できないレッスンが詰まった2日間、もちろん初心者も大歓迎!
優先入学[AO型]にエントリーの方は参加無料など、さまざまな特典もご用意しています。お気軽にお問い合わせ下さい(^^)

サマー・セミナーの詳細、お問い合わせはコチラ↓
http://www.mesar.co.jp/event_summerseminar/

2017年06月15日 16:25

メーザー×リットーミュージック”夏の集中講座”「アニソン・ドラム攻略法」一ノ瀬久{一Q} × AtsuyuK!

先日、メーザー×リットーミュージック企画第二弾「AtsuyuK! × 一ノ瀬久[一Q] 〜アニソン・ドラム攻略法〜」
が開催されました。

AtsuyuK! 氏はTVアニメ「銀魂」や「NARUTO」などの主題歌を担当した人気グループ『Honey Works』
のドラマー。
また、一ノ瀬久[一Q] 氏は本校のドラム科インストラクターでもあり、TVアニメ「けいおん」や「アイドルマスター」などのレコーディングからツアーサポート、はたまた大塚愛、May J、倉橋ヨエコ、矢沢永吉などなどアニメ作品に留まらず大物アーティストのサポートをもこなしています。


一ノ瀬久[一Q] 氏のドラムセット
リディムという国産メーカーでバスドラムは24インチと大きめ!
DSC_4121.jpg


AtsuyuK! 氏のドラムセット
SAKAE製のライトブルーを基調とした鮮やかなドラムセット!
DSC_4122.jpg


会場は満員でセミナーがスタート!
まずはAtsuyuK! 氏のデモ演奏、ご自身の参加したアニソンをプレイされました。
笑顔でプレイするのが印象的なAtsuyuK! 氏。
DSC_4137.jpg

続いて、一ノ瀬氏の登場。
一ノ瀬氏も同じくご自身が参加したアニソンをプレイ!
キメの多さに驚かされます。。
DSC_4159.jpg

DSC_4218.jpg
お二人のデモ演奏が終了し、アニソン攻略法の中身に迫っていきました。
デモ演奏を聴いた上でお二人の話を聞くとやはりアニソンはキメが多かったり、複雑なフィルが多いようです。
その為、難しい曲の譜面には”難”と書いておくとのこと(笑)


2曲目のデモ演奏、撮影の許可が降りたため皆さん携帯を片手にじっくり見ていました。
DSC_4153.jpg

DSC_4221.jpg

セミナーは質疑応答のコーナーになり、参加者からは「筋肉とドラムの関係性」や「アニソンを叩くにあたってのアプローチ」
など濃い内容の質問が!
一ノ瀬氏は日々の練習法と共に、筋肉やメンタル面の方面からもドラムについて事細かに説明しており、AtsuyuK! 氏はアニソンを叩くにあたってスティック回しも大事と実演して応えていました♪
また、お二方とも共演者を第一に機材選びやチューニングをしているという共通点がここでも見受けられました。

最後に、アニメ「けいおん」の主題歌「Don’t Say “lazy”」を二人で演奏してセミナーは終了!
参加者にとって、レコーディングやライブでのプロとしての心構えや技術、パフォーマンスを知ることができた
刺激的なセミナーになったのではないでしょうか!
DSC_4261.jpg


セミナーの様子をもっと詳しく知りたい方は後日掲載の「ドラムマガジン7月号(6月末発売)」内記事をぜひご覧ください!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《参加者のコメント》
●ドラム科 古田翔也
一ノ瀬さんとAtsuyuK!さんのドラムセミナーに参加させていただきました。
僕はアニソンにあまり触れたことがなかったので今回のセミナーでアニソンについてのドラミングを学ぶことができました。
アニソンは派手であるほどいい、決まったとこ以外は自分でフィルを作って派手にしていくと聞き意外と自由な仕組みであることに驚きました。
また、お二人の練習方法を聞いて毎日基礎練を欠かさないことがいかに重要かがわかりました。
セミナーを終えて今の自分を見直しこれからの自分の演奏や練習方法などの考え方を変えるきっかけとなったセミナーでした。

2017年06月19日 19:12

DTMステーションPlus! MPC特集!!

こんにちは!
レコーディング科の中村太樹です!
6月20日に放送されたDTMステーションPlus!の事を書いていこうと思います!!


今回のDTMステーションPlus!の特集は「スタンドアロンで動くMPCが帰ってきた!MPC LIVEを持って出かけよう!」でした!
ゲストはトラックメーカー・DJでMPCプレイヤーの熊井吾郎さん!!

放送はタイムシフトで一週間見れるので是非!
【ニコ生】http://live.nicovideo.jp/watch/lv299530698
【Fresh】https://freshlive.tv/dtmstationplus


リハ中の一コマ!!
シンバルの上に多田さんの帽子がっ!
熊井さんめっちゃカッコ良かった!

%B2%E8%C1%FC%A3%B1.jpg


別角度からもバッチリ帽子が確認できました(笑)

%B2%E8%C1%FC%A3%B2.jpg


現在、熊井五郎さんはメーザーで講師をされています!
MPC プレイヤー、トラックメイカー、DJ。
国民的ラッパー、KREVAのバッグDJ、MPC、マニュピレーターを担当!!

DTMステーションの記事でも特集されているので是非!
http://www.dtmstation.com/archives/51997839.html


7月17日に開催される、メーザーフェスにも「MEATERS」として出演されます!
詳細はメーザーフェス特設ページにて!
入場料無料です!
https://mesarfes.wixsite.com/mesarfes

そして、、、
ついに、、、
僕も出演して来ましたー!

%B2%E8%C1%FC%A3%B3.jpg


楽しかったー!
熊井さんと2ショット!
気さくに話しかけてくださって、すごく優しい方でした!


AKAIのMPC LIVEの魅力は文字じゃ伝えきれないので、是非タイムシフトを見てみてください!
きっとほしくなります!!

%B2%E8%C1%FC%A3%B4.jpg


見た目も超カッコイイ!!
初回予約はもう一杯だそうです!

余談ですが、からあげおいしかったです。

最後に、皆さんと写真を撮りました!

%B2%E8%C1%FC%A3%B5.jpg


メーザー生なら公開生放送に参加できます!
みなさんのご参加をお待ちしております。オフィスにて
準備中や放送後、藤本さんや多田さんに気になることを聞いてみよう!


次回の放送は7月4日です!
お楽しみに!
藤本健の“DTMステーション”http://www.dtmstation.com/

2017年06月26日 12:09

メーザー×リットーミュージック『川崎哲平×二家本亮介〜究極のベース三本勝負〜リアル版』

先日、メーザーハウス × ベースマガジン共同企画『川崎哲平×二家本亮介〜究極のベース三本勝負〜 リアル版』が開催されました。
次世代のベーシストに向け、昨年はナガイケジョー氏(SCOOBIE DO)露崎義邦氏(パスピエ)を迎え開催されたこの講座シリーズも3回目となります。

ご存知の通り、川崎哲平氏、二家本亮介氏、ともにDIMENSIONをはじめ数多くのアーティストのライブやレコーディングをサポートする、実力派セッション・ベーシスト。
ベース・マガジン2014年5月号の誌面のリアルイベントということもあり、二人の壮絶なベースプレイを生で一目見ようと会場は超満員でした!

まずは「I’m Coming Home/Christian McBride」でスタート!

DSC_3953.JPG

サポートは在来生でした!Key.石黒さやか/Dr.山内楽

圧巻のテクニック、グルーヴはもちろんのこと、まず音を出した瞬間のサウンドの良さに圧倒されます!
当然のことながら、ツインベースという編成でそれぞれソロ/バッキングを演奏するのは、技術はもちろんサウンドのバランスも容易では無いことが想像できます。
ここで、この日ズラリと並んだお二人の愛機、それぞれのサウンドの秘密を解説してくれました。
DSC_3988.JPG

DSC_4010.JPG

川崎氏はSadowskyの川崎哲平シグネイチャーモデル。Sadowskyとfender ’65 JBとのハイブリッドというこの楽器、細部に至るまで川崎氏のこだわりを詰め込んでいるとか。

二家本氏もこの日は多数の楽器を用意していましたが、DIMENSIONのオファーをきっかけに入手したベースなどの貴重なエピソードも。
さすがは多岐に渡るジャンルの現場で活躍するお二人。様々な状況において求められるサウンドで臨むには、一通りの楽器やアンプを使い分ける必要があります。
お二人の妥協の無いサウンドは、機材面でも沢山の試行錯誤を積み重ねて辿り着いた結果なのだと実感させられます。

DSC_3967.JPG

続いて演奏面でも『プロ』としての試行錯誤の数々を語ってくれたお二人。
ソロとバッキングの巧みな音量の切り替えの秘訣は?という質問への川崎氏の答えは、手のタッチでのダイナミックレンジを拡げていくことだそう。
身体的なエネルギーやコンディションを維持するための日々の生活スケジュールも聞く事ができ、まさに『プロ』のストイックさを垣間見ました。

アドリブに関する質問に二家本氏いわく、セッションという音楽での『会話』をするためには、まずその国の『コトバ(Jazz,Latin,etc.)』を憶える事。
ただし大切なのは勉強だと思って音楽に取り組むのではなく、興味を持って取り組むこと。音楽への『感動』が上達への何よりの原動力だという。
メーザーハウスで学び、現在はメーザー講師を務める二家本氏の言葉、日々メーザーで技術を磨く学生にはこれ以上ない説得力をもって響いたのではないでしょうか。

DSC_4077.JPG

DSC_4058.JPG
ラストは怒濤のベースバトル!

『20代までは伸び盛り。とにかく吸収を』という、 さまざまな現場を経て現在のスタイルや音楽性を築いたお二人のメッセージ。
このセミナーをきっかけに、メーザー生ならびにすべての次世代のベーシストのさらなる活躍を願ってます!

川崎哲平さん、二家本亮介さん、リットーミュージック関係者各位、ご来場の皆様ありがとうございました(^^)
このセミナーの模様は7/19発売のベース・マガジン8月号に掲載されます、皆様ぜひチェックしてください♪
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《参加者のコメント》
●ベース科 大関 隆志
二家本先生と川崎哲平さんのセミナーに参加させていただきましたが、お二人の超絶なベースプレイに圧倒されっぱなしで、ソロが入れ替わる度に目を左右に動かして見ていました。
何本ものベースがありましたが現場によって決めていたり、どんなジャンルが来るか分からない時は何本も持って行ってその場で聴いて決めたりしてるとおっしゃられていてこれがプロなんだなぁと思いました。
普段どれ位練習をしているかという話では、今では昔ほど練習出来てなく、専門学校に通ってる頃が1番コピーなど練習していて、仕事をやりだすとそういう時間が取れなくなってくる、とおっしゃっていて今が本当に自分のスキルなどを磨いたり吸収したりする大切な時期なんだなと強く感じました。

2017年06月29日 11:17