Recent Entry

Archive

« 2017年03月 | BLOG INDEX | 2017年05月 »

MESAR VOCAL HAUS LIVE 2017春

年度末を飾るヴォーカル科最大のイベント『MESAR VOCAL HAUS LIVE』が先日無事終了しました!
出演者、バックバンド、関係者の皆様お疲れさまでしたm(_ _)m

合唱や先生からのサプライズソングなどもあり、どのクラスも素晴らしいステージでした。
卒業していく2年生はもちろん、1年生もこれからの活躍が楽しみです♪

IMG_7718.JPG
K30A0399.JPG
IMG_7282.JPG
K30A0249.JPG
IMG_8198.JPG
K30A0294.JPG
K30A0572.JPG
K30A0496.JPG
K30A0076.JPG

当日のダイジェスト動画はコチラ↓
https://youtu.be/21NZ7hfpEV0

さらなる写真は近日中にLIVE PHOTOコーナーにUPしますのでお楽しみに!

2017年04月05日 14:18

映画『チアダン』劇中歌担当、作曲家の伊橋成哉氏にインタビュー!!

2017年3月に公開となった映画「チアダン」

hqdefault.jpg


福井県にある高校のチアダンス部がなんと全米チアダンス選手権大会で優勝を納めたという、
にわかには信じ難いような実話をもとに描かれた映画である。



作曲&アレンジ科担当の伊橋成哉氏が同映画の劇中歌含む楽曲制作を担当し、
先日発売となった映画サウンドトラックにも収録された。


今回、普段いわゆるアーティストへの歌モノ楽曲の作詞・作編曲提供をされることが多い同氏に
「映画音楽での仕事」についてインタビューをすることができた。


また映画に関する話題を切り口に伊橋氏の音楽制作についての考え方・アプローチまでをも聞くことができた。
これから作曲家を目指す方々にも是非、当記事の内容を参考にしていただければと思う。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


・映画の楽曲と通常の歌モノ楽曲などとでは、制作開始のタイミングや段取り等違う点があるかと思うのですがその点ではいかがでしたか?


―――まず今回の映画の題材が「チアリーディング」だったので役者さんの振り付け練習等があり、撮影開始前から楽曲が必要な状況でした。
そのため割と早い段階、だいたい公開の1年以上前くらいから曲を書き始める形になりました。


今回僕が引き受けた案件はいわゆる「劇伴」(劇中伴奏)の仕事とは少し違った形のものだったかもしれません。

ただやはり、台本と照らし合わせての作曲ということもあり新鮮な経験でした。
楽曲完成→監督のOK・映像面へのフィードバック→再び楽曲へのフィードバック
ということもあり、これもこういう分野ならではのやりとりだったんじゃないかと思います。


ihs002.jpg



・普段制作する楽曲との違いによって気にかけられた点はいかがでしょうか?


―――普段行っている「歌モノ」楽曲の制作との一番の大きな違いは
やはり音楽があくまで「わき役」である点だったかと思います。
主となる映像を支える、あるいは盛り上げるポジションにいなければならないので。

本場でのチアダンスの楽曲というと割と「Cool」な曲調が多いと思います。
しかし、これもまた「わき役」という点を踏まえてですが
日本で公開される映画で使われる楽曲なので、ポップスを基調とした楽曲を作るようにしました。


ihs003.jpg



・プロの作曲家に求められる「楽曲のクオリティー」について注目すべき点があれば教えて下さい。


―――曲のクオリティーや良し悪しという点では、特に”リズム”について感じることがあります。
というのも近年、世の中で耳にする楽曲の傾向としてはやはり、”リズム”の要素が重要になっていると思うからです。

例えばですけど、DAW(DTMソフト)でメロディーを打ち込んだ時に4分や8分音符のグリッド(軸線)にへばりついているようなリズムだと面白くなかったりします。

HipHopなどでは、トラック自体がものすごくシンプルだったり、ある意味いろんなスキマがあって
その上に乗っかってくるラップ部分の表現がオイシイところだと思うんですよね。
そういった”リズムで遊ぶ”ことが出来ているメロディーはJ-popの分野においても面白く感じることが多いです。

ただリズムがうまく遊べているメロディーでも、その(音域の)レンジが狭かったりするとまた面白みに欠けてしまいます。
同じキー(=調)の中で動くようなメロのラインでもちゃんと”跳躍”していたり、的確に変化が付けられているかどうかもまた一つアマチュアとプロの楽曲の差として出やすいのではないでしょうか。


―――ちなみにそういった点からメーザーハウスでの伊橋氏の作曲レッスンでは
制作する楽曲のジャンルに関わらず”ラップ”を取り入れさせることがあるそうです。

ihs005.jpg

今回インタビューさせていただいた伊橋成哉先生の作曲レッスンは毎週水曜日18:00から21:00でおこなっています。
レッスン見学も随時募集していますので、興味のある方は是非お問い合わせください!!

http://www.mesar.co.jp/event_privatecounsel/

2017年04月26日 16:37