Recent Entry

Archive

« 2016年04月 | BLOG INDEX | 2016年06月 »

在校生デビュー! TRY TRY NIICHE キーボード&ヴォーカル ヲクヤマ インタビュー

2015年7月より活動開始した男女ピアノロックバンド、TRY TRY NIICHE。
9月の初自主企画は見事ソールドアウト。
RO69JACK2015/16入賞、MASH A&R Finalの1000組を超える応募から6組に選考されるなど、その実力は各音楽方面から非常に高い評価を得ている。

1月にはSPACE SHOWER主催オーディションDay Dream Believerオーディションでグランプリを受賞。
SPACE SHOWER MUSIC主催のイベントやTV番組にも出演、2016年7月20日にはSPACE SHOWER MUSICから1stミニアルバム「FLOWERING」の発売が決定。

大型サーキットイベント「NIIGATA REINBOW ROCK」「SAKAE SP-RING」への出演も決定し、今年度最も注目されるバンドである。

その TRY TRY NIICHE のキーボード&ヴォーカルであり、メーザーハウスの作曲アレンジ科に在籍中である ヲクヤマ に独占インタヴューを敢行。
インタヴュアーとして、ヴォーカル科の Azzy が同席。バンドマン、作曲家と様々な面を持つ彼の素顔に迫ってみた。

DSC_0318%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.JPG

----------この一年間のTRY TRY NIICHEの活動を振り返ってどうですか?

ヲクヤマ:1月に初めてスタジオ入って、もうその日のうちに“このバンドで、音楽だけで生活できるようになる”ってみんなで誓って。
2年間やって何かしらバンドでの道筋が立ってなかったら解散しようって話を最初のスタジオに入った時にはしてました。
で、音出してそこで初めて曲が出来て、その曲が今度のアルバムにも入ってる『ドラマチック』って曲です。

----------初ライヴは2015年7月のメーザー学祭でしたね。

ヲクヤマ:あの時はメーザーで初ライヴでしたけど、全然お客さんも3,4人しかいなくて。その時にMCで『今日見てくれた人が、将来今日のことを自慢できるようなバンドになる』みたいな事を言ってましたね。

----------そこからこの一年間の快進撃、SPACE SHOWER MUSICよりCDデビュー決定、今に至るわけですね。

活動開始してから一年は準備期間に充てようって話をしてたんで、それがちょっと前倒しになりました。
まさかここまで飛躍出来るとは思ってなかったし…まあでも、油断したら終わりだと思って、絶対気を引き締めてやって行きたいですね、これから。

DSC_0325%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.JPG

----------もともと音楽をやろうと思ったきっかけは?

ヲクヤマ:元々親がピアノ弾いてて音楽は近くに合ったんだけど…小学生の時にゲームを作るのが好きで『RPGツクール』ってソフトにドハマりしてて、自分が表現したい場面にデフォルトの音楽でやろうとするとどうしても行き詰まっちゃうんですよ。“いや、こういう音楽ほしいのに”、じゃ自分で作ってやろうって思ったのが最初の作曲のきっかけで、そこからずっと小、中と作曲をしてて。高校入って軽音部入ってバンドに出会って、“バンドって面白いな”って思って。

----------作曲が先だったんだ、バンドよりも。今でもその考えは変わってない?

ヲクヤマ:でも今は色々業界の事とかも知って、作曲家でやっていくことよりもバンドでやっていく事の方が難しいし、バンドで大成してる人の方が絶対的な人数が少ないから、やりがいはあるなって思ってます。
“バンドで売れる”ってなかなか人生経験として出来ない事だから、同じぐらいの位置にはいますね、作曲家とバンドと。

----------メーザー入学前も、作曲家として活動してたの?

ヲクヤマ:やってましたね。今も作曲家として僕は生計を立ててるんですけど、そういう事を本格的に意識し始めたのが大学生の時で。その時から自分から営業かけて作曲の仕事を仕入れたりとか。大学時代はむしろバンドよりもそっちをメインでやってましたね。

----------作曲で生計を立てているっていうのは具体的にはどういった形で?

ヲクヤマ:基本的に劇伴、映像関係の音楽が多い。最近になってようやく作家事務所にも入ったけど、今もフリーランスの仕事がメインです。昔っから自分でも思うのが繋がりに凄く恵まれてて、演劇をやってる友達が結構いて僕が作曲をしてるって知ってて依頼してくれたり。
最初はそれこそタダだった。それでもそこから人との繋がりのおかげでどんどん広がっていったりとか。
アニメのオープニングもやりましたね。(※作詞家として)

----------そこからメーザーを入学したきっかけは?

ヲクヤマ:きっかけは知人の紹介。最初は半年間だけprotoolsの資格を取るために。
作曲家としてちゃんと仕事になって来たからそのタイミングで。“本当に今のままで良いのか?”って思いで入りました。

----------実際入ってみてどうですか?

ヲクヤマ:やっぱりプロで活動している先生からコメントを貰えるってだけでも凄い貴重だし、初歩的なところからやってるんですけど、全部が逆に新鮮で。抜けてた部分を全部キャッチアップしてくれてるような感覚でためになりますね。
DSC_0323%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.JPG

----------TRY TRY NIICHEの曲を聴いてると、個人的な感想ですが作詞も作曲も凄く考えてやってるというか…それをぽっかり生まれたように聴かせるのが上手いような気がするんですが?

ヲクヤマ:考えることもあるんですけど、考えないで出来たモノの方が良い事が多いです。降ってきたものというか、たまにメロディも詞もコードも全部一緒に出てくる事があって、そういう曲はだいたいリードトラックになりますね。『Initiation』、『さよならエイミー』なり。
ただどうしてもそれだけでは煮詰まってしまう事もあって、例えばメロディだけが出てきたりとか、コードだけ出てきたりっていう事もあって、そういう時は凄く考えて作りますね。

----------降ってくるって感覚がすごい不思議。普段どうやって曲作りをしているの?バンドでも個人でも。

ヲクヤマ:作曲は基本キーボード。ただバンドの曲に関してはギターと半々くらいの割合。それこそNIICHEではKey.Voをやってるけど、それでも半分くらいはギターから。っていうのもギターの方が気持ちが乗りやすい楽器なんですよね、僕にとっては。キーボードは昔から"弾く楽器"という認識が強くて、なかなか歌と結びつかなかった。自分を慰めてくれる楽器というような印象で。
一方ギターは、弾きながら歌う楽器っていうような認識があって、バンドの曲を書く時は割とギターで書いたりする。
で、降ってくる時は…これ不思議なんだけど全部キーボード弾いてる時だけ。何でかは分かりません。
まあ最初に始めたのがキーボードだからですかね。

----------何かからインスピレーションを得て曲を書くことは?

ヲクヤマ:小説が結構多いですね。…小説も、書きたいんですよね。実は大昔に出版してて。中学の時ですね。

----------何でもやるんだね!…ここまで話きいて、アーティスティックな所はわかった。音楽してない時って何してる?例えばオフ、休日です!

ヲクヤマ:休日ねえ…うーん…でもラーメンは大好きで暇があったら絶対行くって店があって、下手したら週5くらいで食ってますよ(笑)
___________________________________________________

----------最後になりますが、ヲクヤマくんの最終的な目標は?

ヲクヤマ:バンドに限っていうとまずは音楽シーンの主導権を握りたい。やっぱり日本人のリスナーって長いものに巻かれろじゃないけどマジョリティについて行く傾向があると思うので、まずはその絶対的なマジョリティになろうと思ってて。
で、その上で自分たちが僭越ながらというか生意気ですけど、日本の音楽シーンを良い方向に動かして行けたら、それこそバカにされないような日本の音楽に出来て行けたらと思ってます。
そのためにも、これからもメーザーで音楽の歴史や知識を追求して行きたいです。
あとは、常にリスナー目線で面白い事を仕掛けて行きたいと思ってますね。

----------ありがとうございました!

DSC_0332%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.JPG

今後も目が離せないTRY TRY NIICHEのスケジュールをチェック!

5月21日(土)TRY TRY NIICHE 第三回自主企画 「ニーチェと春の大感謝祭~お便り大作戦~」
会場:渋谷LUSH / 渋谷HOME
OPEN:12:00 / START:12:30

6月5日(水)「Eggs presents SAKAE SP-RING 2016」
名古屋・栄地区のライブハウス・クラブを舞台に約300組が出演予定の東海地区最大のライブサーキット!
詳細はこちら↓
http://sakaespring.com

MVはコチラ→https://youtu.be/b50rxJKqmvU
HPはコチラ→http://trytryniiche.wix.com/band

2016年05月06日 13:48

Morris フィンガーピッキング・デイ 2016 ギター科卒業生が優秀賞

先日、横浜赤レンガ倉庫にて開催された<Morris フィンガーピッキング・デイ 2016>で
ギター科卒業生の高橋竜太くんが見事優秀賞を獲得しました!

Fb_FPD2016.png

このイベントは各地方地区を勝ち抜いたフィンガーピッキング・スタイルの達人たちがそのテクニックを競い合うもの。
高橋竜太くんは「龍藏」という名前で参加し、ベテラン勢も多数参加するなか並みいる強豪をおさえ見事優秀賞を獲得しました!

演奏した曲は「SWEET MEMORIES」愛器は「MATON EBG808」

takahashi2.jpg

高橋竜太さんおめでとう!

takahashi1.jpg

ちなみに音楽とは関係ないが、大学生の時に重量挙げで国民体育大会2連覇、日本記録も樹立しているとのこと(笑)

YouTubeにもたくさんの演奏がアップしているのでこちらもぜひチェックしてみてください!
https://www.youtube.com/channel/UC9PC51Gw2A60kTM2S4EdRmQ

2016年05月20日 12:28

軽音連盟技術指導講習会 in 市立松戸高等学校軽音楽部

先日、松戸市立松戸高等学校軽音楽部へ軽音楽連盟技術指導講習会に行ってきました。

この日のメニューは

・新1年生への機材講習会
・パート別個人練習メニュー
・バンド演奏時における注意事項&セッション
・バンド別アンサンブル指導

などなど...

生徒たちにとって初めての講習会ということで9:00〜18:00までみんなで盛り上がりました。

↓ Ba.二渡先生のアンプの使い方&音作り講座。基本的操作方法はもちろん裏技までサービス満点の内容に生徒からの質問攻めに応えています。

m001.jpg


↓ Dr.横畠先生のチューニング講座。生徒ひとり一人が実践していました。

m002.jpg


↓ Key.山本先生のアンサンブル講座。バッキングのコツを伝授。

m003.jpg


↓ Vo.森先生のアンサンブル講座。バンドの中で歌うコツを具体的に指導中。

m004.jpg


↓ Gt.植木先生のアンサンブル講座。講師の熱い指導に生徒も真剣に聞き入っていました。


m005.jpg


↓ 生徒と講師によるアンサンブルセッション。元気な生徒が多く、とても楽しいステージとなりました。

m006.jpg

↓ 最後は講師演奏で盛り上がりました。

m007.jpg


↓ 顧問の林先生、そして参加者の皆様方、お疲れさまでした! これからますます軽音楽部生活をエンジョイしてください。


m008.jpg


2016年05月22日 13:21