Recent Entry

Archive

« 2013年05月 | BLOG INDEX | 2013年07月 »

服部良一

別れのブルース、東京ブギウギ、青い山脈、銀座カンカン娘などなどメーザーの在校生年代なら、皆さんのお爺さんお婆さん(もしくは「ひい爺さん」)でも知っているような超スタンダードの名曲を何曲も手掛けている、和製ポップス(歌謡曲)の産みの親でもあり、戦後日本が産んだ天才作曲家、服部良一さん。
先日その服部さんのオムニバスカバーアルバム「服部良一カバーズ 僕の音楽人生<完結編>」が発売されました。

41fEyXMFp3L.jpg

このアルバムでどんなアーティストが服部さんの数々の名曲をカバーしているかというと、1曲目は「雨のブルース/石原裕次郎」2曲目「別れのブルース/森 光子」3曲目「一杯のコーヒーから/由紀さおり・安田祥子」4曲目「蘇州夜曲/夏川りみ」…このあとのナンバーも八代亜紀さん、矢野顕子さん、石川さゆりさんと、蒼々たるメンバーが名前を連ねていきます。
そして17曲目の「銀座カンカン娘」では我らがメーザーのヴォーカル科、樋口舞先生カバーが収録されてきます〜。
ちなみに18曲目は「買い物ブギ/関ジャニ∞」!

現在の在校生にはあまり馴染みの無い楽曲ばかりだと思いますが、いずれも日本の歌モノポップスを代表する楽曲ばかりです!
この機会に是非昭和の名曲を聞いてみてはいかがでしょうか?

アマゾンでは視聴も可。
是非聞いて見て下さいー。
E

2013年06月08日 17:16

『夏が始まる』主題歌『その向こうには』

冨樫森監督の最新作『夏が始まる』の主題歌をシンガーソングライター科卒業生の優河さんが担当しましたー。

20130301_1009572.jpg

竹野内豊・水野美紀 主演「あの空をおぼえてる」で、家族の崩壊と再生を見事に描いた冨樫森監督が、今回は監督が青年期を過ごした山形庄内を舞台に自身が最も得意とする若者の複雑な心理描写を絡めて「今も変わらない家族のかたち」をオリジナル原作で映像化。
地方出身の方も多く集まるメーザー生には是非見てもらいたい作品!
しかも、先輩が主題歌とならば、もー見るしかないか!?
舞台の山形での上映を皮切りに全国にて上映されまーす。
詳細情報は↓こちらから
http://shonai-kinema.com/movie01.html
いやぁ〜良い曲だ…(´Д`。)

2013年06月17日 17:30

Bass & Drums 合同セッション授業

先日、ドラムス小寺先生クラスとベース満園先生クラスの合同授業が行われました。
1年生から卒業生まで総勢40名以上の参加があり、大盛況となりました。

IMG_6543.jpg

卒業生のヴォーカリストとギターリストの先輩方も交え、ドラマーとベーシストは交代で課題曲を合わせてゆくこのセッション。
課題曲はRed Hot Chili Peppersの『Parallel Universe』でした。
先生方から一人一人に、今後に生かせる貴重なアドバイスもいただけました。

↓参加者コメント
初めての合同授業に参加し、普段では教わることのできない貴重な指導を受けることができました。
今回はベースとドラムのリズム隊での指導で、お互いから生み出されるグルーヴの仕組みを教えてもらいました
私が一番感動したことはベースとドラムがまるで友達のように語り合い、時に背中を押して支え合うことのできる信頼関係にあるということ。
自分もベーシストとしてドラムの気持ちを理解することでより良い演奏になるということを実感しました!
ベース科 田中沙羅

私にとってこの合同授業は刺激の塊でした!!
ベーシスト目線の指導は目から鱗の連続で、勉強になりました。
満園先生の『練習しまくったらベースに穴が空いた』というエピソードは、自分はまだまだ練習しているうちに入らないんだと、自分の考えの甘さを思い知りました!
そして満園先生と小寺先生のセッションは、鳥肌の立ちっぱなし!
このグルーヴは練習の賜物なんだと、日々の練習にやる気が出ました。
こんな機会を与えていただいてありがとうございました。
是非また合同授業を開催して下さい!音楽最高!!
ドラムス科 今岡優里子

2013年06月27日 13:24