Recent Entry

Archive

バンドゼミ企画LIVE《MESAROCK FES’ 2017》

先日(といっても1ヶ月も前ですが…)、渋谷TAKE OFF 7にてバンドゼミの企画ライヴイベント“MESAROCK FES’ 2017”が開催されました!

バンドヴォーカルゼミ樋口先生クラス、バンドゼミ満園先生クラス、宮坂先生クラスで結成された総勢14バンドが出演、個性豊かなパフォーマンスを見せてくれました!

バンドゼミのレッスンで結成し、先生のディレクションのもと皆で磨きをかけてきたこの14バンド。
卒業後もさらなる高みを目指し活動してゆくバンドもおり、今後の活躍を楽しみにしております♪

ラストはサプライズ、先生バンドによる圧巻のライヴ!(^^)
出演者の皆さん、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

今年度も次のライヴに向け、各バンドが準備を進めていますのでお楽しみに!
rockfes17_036%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg
rockfes17_076%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg
rockfes17_112%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg
rockfes17_142%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg
rockfes17_139%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg
rockfes17_167%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg
rockfes17_175%20%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg

2017年05月19日 12:30

メーザークリエイトラボ《LIVE PARTY 2017》

先日、渋谷VUENOSにて作編曲科・サウンドクリエイト科の発表会
LiveParty2017が開催されました!

1年間のレッスンの成果を様々なパフォーマンスの形で披露していました♪

在校生の皆さんには新たなスキルをこの1年で磨いて頂き、卒業生の皆さんには
メーザーで培ったものを現場で存分に発揮して頂きたいです。

出演者の皆さん、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした!

sc1701.jpg

sc1702.jpg

sc1703.jpg

sc1704.jpg

sc1705.jpg

2017年05月16日 13:49

DTMステーションPlus! @ ニコニコ超会議2017

こんにちは!
レコーディング科の中村太樹です!

現在、僕はニコニコ生放送のDTM番組【DTMステーションPlus!】のお手伝いをしています。

この番組は藤本健さんと作曲家の多田彰文さんのDTM情報番組で、旬なDTMの話題や情報を取り上げてみなさんにお伝えする番組です。音楽メーカーの方も出演するほか、豪華なアーティストも登場します。

今年からは隔週でメーザーから配信することとなり、セッティングなどの準備を手伝わせて頂いています。
みなさん、ぜひご覧ください!!


藤本健の“DTMステーション”http://www.dtmstation.com/


そんな中、4月30日【DTMステーションPlus!】はニコニコ超会議が開催されている幕張メッセの会場のTASCAMブースから豪華な業務用マルチ卓を通しての放送となりました。

特集は「オーディオインターフェイスの使い方・基本編!」です。
今回はその模様をさらっとお伝えしたいと思います。

511001.jpg


番組中には藤本さんがギターを弾く姿も!
多田さんはいつものキャップです!


511002.jpg


内容が「オーディオインターフェイスの使い方・基本編!」ということで、これからDTMを始めようとしている方でもわかりやすく勉強になるものとなっていました。
どこのブースでも面白そうなイベントがあったり、凝ったブースになっていたりなどして目を引くものばかりです。

TASCAMブースも「今日から歌い手コーナー」という人気のボーカロイド曲を歌うことができたりするなど、これまでDTMに触れたことのない人でも楽しめる場所となっていしました。

511003.jpg


今後もメーザーのブログより<DTMステーションPlus!>の表もウラも(笑)どんどん紹介していきたいと思いますのでみなさん楽しみにしてください!!
よろしくお願いします!

511004.JPG


レコーディング科:中村太樹(写真真ん中)

2017年05月11日 16:30

映画『チアダン』劇中歌担当、作曲家の伊橋成哉氏にインタビュー!!

2017年3月に公開となった映画「チアダン」

hqdefault.jpg


福井県にある高校のチアダンス部がなんと全米チアダンス選手権大会で優勝を納めたという、
にわかには信じ難いような実話をもとに描かれた映画である。



作曲&アレンジ科担当の伊橋成哉氏が同映画の劇中歌含む楽曲制作を担当し、
先日発売となった映画サウンドトラックにも収録された。


今回、普段いわゆるアーティストへの歌モノ楽曲の作詞・作編曲提供をされることが多い同氏に
「映画音楽での仕事」についてインタビューをすることができた。


また映画に関する話題を切り口に伊橋氏の音楽制作についての考え方・アプローチまでをも聞くことができた。
これから作曲家を目指す方々にも是非、当記事の内容を参考にしていただければと思う。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


・映画の楽曲と通常の歌モノ楽曲などとでは、制作開始のタイミングや段取り等違う点があるかと思うのですがその点ではいかがでしたか?


―――まず今回の映画の題材が「チアリーディング」だったので役者さんの振り付け練習等があり、撮影開始前から楽曲が必要な状況でした。
そのため割と早い段階、だいたい公開の1年以上前くらいから曲を書き始める形になりました。


今回僕が引き受けた案件はいわゆる「劇伴」(劇中伴奏)の仕事とは少し違った形のものだったかもしれません。

ただやはり、台本と照らし合わせての作曲ということもあり新鮮な経験でした。
楽曲完成→監督のOK・映像面へのフィードバック→再び楽曲へのフィードバック
ということもあり、これもこういう分野ならではのやりとりだったんじゃないかと思います。


ihs002.jpg



・普段制作する楽曲との違いによって気にかけられた点はいかがでしょうか?


―――普段行っている「歌モノ」楽曲の制作との一番の大きな違いは
やはり音楽があくまで「わき役」である点だったかと思います。
主となる映像を支える、あるいは盛り上げるポジションにいなければならないので。

本場でのチアダンスの楽曲というと割と「Cool」な曲調が多いと思います。
しかし、これもまた「わき役」という点を踏まえてですが
日本で公開される映画で使われる楽曲なので、ポップスを基調とした楽曲を作るようにしました。


ihs003.jpg



・プロの作曲家に求められる「楽曲のクオリティー」について注目すべき点があれば教えて下さい。


―――曲のクオリティーや良し悪しという点では、特に”リズム”について感じることがあります。
というのも近年、世の中で耳にする楽曲の傾向としてはやはり、”リズム”の要素が重要になっていると思うからです。

例えばですけど、DAW(DTMソフト)でメロディーを打ち込んだ時に4分や8分音符のグリッド(軸線)にへばりついているようなリズムだと面白くなかったりします。

HipHopなどでは、トラック自体がものすごくシンプルだったり、ある意味いろんなスキマがあって
その上に乗っかってくるラップ部分の表現がオイシイところだと思うんですよね。
そういった”リズムで遊ぶ”ことが出来ているメロディーはJ-popの分野においても面白く感じることが多いです。

ただリズムがうまく遊べているメロディーでも、その(音域の)レンジが狭かったりするとまた面白みに欠けてしまいます。
同じキー(=調)の中で動くようなメロのラインでもちゃんと”跳躍”していたり、的確に変化が付けられているかどうかもまた一つアマチュアとプロの楽曲の差として出やすいのではないでしょうか。


―――ちなみにそういった点からメーザーハウスでの伊橋氏の作曲レッスンでは
制作する楽曲のジャンルに関わらず”ラップ”を取り入れさせることがあるそうです。

ihs005.jpg

今回インタビューさせていただいた伊橋成哉先生の作曲レッスンは毎週水曜日18:00から21:00でおこなっています。
レッスン見学も随時募集していますので、興味のある方は是非お問い合わせください!!

http://www.mesar.co.jp/event_privatecounsel/

2017年04月26日 16:37

MESAR VOCAL HAUS LIVE 2017春

年度末を飾るヴォーカル科最大のイベント『MESAR VOCAL HAUS LIVE』が先日無事終了しました!
出演者、バックバンド、関係者の皆様お疲れさまでしたm(_ _)m

合唱や先生からのサプライズソングなどもあり、どのクラスも素晴らしいステージでした。
卒業していく2年生はもちろん、1年生もこれからの活躍が楽しみです♪

IMG_7718.JPG
K30A0399.JPG
IMG_7282.JPG
K30A0249.JPG
IMG_8198.JPG
K30A0294.JPG
K30A0572.JPG
K30A0496.JPG
K30A0076.JPG

当日のダイジェスト動画はコチラ↓
https://youtu.be/21NZ7hfpEV0

さらなる写真は近日中にLIVE PHOTOコーナーにUPしますのでお楽しみに!

2017年04月05日 14:18

AFRA Human Beatbox Seminar

日本のヒューマンビートボックスのパイオニア的存在「AFRA」によるセミナーが開催されました。

「何故人間の口からそんな音がでるのか?」TVやネット等を通じてヒューマンビートボックスを見たことがある方も大抵はそう思ったのではないでしょうか。
今回のセミナーでは、ヒューマンビートボックスそのものの技術を指導して頂くと共に、歴史や発祥などそのルーツなどもレクチャーしていただきました。

DSC_0069.jpg

まずは、自己紹介と共にデモプレイ!
キック、スネア、ハイハットから始まるビートにDJでいうスクラッチ音や声さまざまなネタが折り重なり、楽器を使わず口のみで繰り出されるリズムは参加者の心と身体を揺さぶり、衝撃を与えました。
AFRA氏自身もThe RootsのビートボクサーRahzelのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始めたそうです。
さらに前述のリズムセクションに加え、ベース、管楽器を口で表現し、はたまたラップまで、それはまさしく一つのトラックとして完成されていました。

DSC_0206.jpg

パフォーマンス後、AFRA氏がヒューマンビートボックスを始めたきっかけと共に、ヒューマンビートボックスによる様々なレコードを紹介していただきました。こういう機会でなければなかなか聴くことができないような貴重な音源を聞かせていただきました。

DSC_0080.jpg

DSC_0079.jpg

セミナーはいよいよヒューマンビートボックスのレクチャーへ。
まずは、キック音の表現、さらににスネア、ハイハット、最後にそれらをグルーヴさせる。順々に教えていただくものの、そう簡単にはできない様子。参加者の方々もなんとかそれなりの音が出ないかと必死に取り組んでいました。

AFRA氏のリードで生徒達もブッ、パッ、ブッ、パッ。頃合いも良くなって来た所で生徒にマイクを渡すAFRA氏、そのままヒューマンビートボックスによるセッションが始まりました。
教わったことに自分なりのアレンジを加えて負けじと食らいつく生徒にAFRA氏も笑顔が溢れていました。

DSC_0269.jpg

セッション後、質問コーナーを終え、約90分のセミナーはあっという間に終わりの時間を迎えました。

今回のセミナーを通してヒューマンビートボクサーのみならず、ボーカリスト、楽器プレイヤーにも通じて言える、自分の出したい音を表現するための「探究心」というものを生徒達もAFRA氏から受け取ることができたのではないでかと思います。

AFRA
ヒューマンビートボックス。1996年、NY、The Rootsのパフォーマンスに衝撃を受けビートボックスを始める。渡米後ライブを重ね、映画Scratchやヒューマンビートボックスドキュメンタリー映 画Breath Controlに出演。2004年、Prefuse73とビートボックスアルバムDigital Breathをリリース。Fuji XeroxのテレビCMを機にヒューマンビートボックスをお茶の間へ広げる。AFRA & Incredible Beatbox Band としてイギリス、スペイン、ロシア、ノルウェー、オーストラリアなどのフェスに参加。2016年、自身のレーベルAlways Freshを始動、新アルバムOHAYOをリリースしたばかり。スチャダラパーANIとロボ宙とのユニットDonuts Disco Deluxe でのリリースやツアーも続けている。

2017年03月03日 18:11

年度末のビッグイベントラッシュ!

3月は年度末のビッグイベントラッシュ!
学生たちが1年間の成果を発揮する年度末のビッグイベントが満載。
彼らの全力のパフォーマンスをお見逃し無く!!

3/18(土) 『メーザー・ハウス高等部ライヴ』 @MESAR RHst Open/Start 13:00/13:30入場無料
今年度で2回目の卒業シーズンを迎えるメーザー高等部の卒業ライヴ!彼らの成長をお見逃しなく。 
%B9%E2.jpg


3/19(日) 『MESAR VOCAL HAUS LIVE』@原宿 ASTRO HALL 入場無料
ヴォーカル科の半期に一度の大イベントです。総勢100名近いヴォーカリスト達がそれぞれの想いをステージで表現します。
VO1.jpg


3/30(木) 『Live Party 2017』@SHIBUYA VUENOS TOKYO  Open/Start 13:00/13:30 入場無料
サウンドクリエイト科、作曲アレンジ科がプロデュースするコラボレーションイベント。
MESAR HAUS / MESAR VOCAL HAUS / JAZZ LABOの学生達も参加して、クリエイト科ならではの発想で、DJ・MC・映像・トラックメイクなど様々なステージが繰り広げられます!
SC2.jpg


3/31(金) 『MESAROCK FESTIVAL』 @渋谷 TAKEOFF7 Open/Start 14:00/14:30 前売り/当日 ¥300/¥500(+1Drink)
総勢14組のバンドが一同に会するバンドコースの一大イベント!
出演バンド:THE SUMMIT / Chord display / ポーレチカ&Mafia / Earth Plan / Hiサテライト / EXACT NOIZ / ヤキソバ / ONE SHOT ONE KILL / スプリンクラー / A Gay'n / Yang Jam  and more…
Ban.jpg

ご家族ご友人の方、関係者の方、在校生・卒業生の方、メーザー入学予定の方など皆様のご来場お待ちしております!!

2017年02月14日 14:19

MESAR CREATE LABO - ウインターセミナー



0129000title.jpg


メーザー・ハウスがお届けする冬のクリエイター向けイベント『ウインターセミナー』が先日行われました。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


独学で音楽制作をやっていているけど知識や技術を虫食い状態で覚えてる・・・

そんな方も多いのではないでしょうか?


この日は

<作曲><アレンジ><ミックス>

といった

「DTMを使った音楽制作の柱を基礎からしっかり学べる」

事をテーマに、約半日の時間をかけてレッスンを行いました。


0129001.JPG


1からしっかり学ぶという事でまず最初に

音源制作の工程を知る所から講座がスタートしました。


0129005.jpg


この講座を担当いただいたのは本校でもDTMのレッスンを行う原田先生。


原田雄一 - プロデュース/作編曲・作詞
AAA「Distance」や天月 -あまつき-「星月夜」、BTOB「MAGIC TIME」の作曲を手掛け
テレビ朝日系列全国放送「musicるTV」に出演するなど
マルチに活躍する新進気鋭の音楽クリエイター。


普段ご自身が行っている作曲の仕事の話を交えながら

案件の受注からマスタリング、リリースに至るまでのお話をしていただきました。


曲作りにあたっての発想、例えば「定番フレーズを組み込む」や「テーマとなるジャンルを研究してみる」など

具体的な方法論はクリエイターにとって目から鱗な内容でした。






サウンドデザインのレッスンではシンセサイザーの音作りを体験。


0129002.JPG

最近はEDMやトラップといったジャンルのみならず

J-POPのシーンなどでも複雑な音色とパラメーター操作を使った曲作りが行われています。


しかしDTM初心者には特にハードルが高く感じられる、、、

そんなシンセサイザーの音色作りを1からレクチャー。


基本的な仕組みから理解する事でプリセットに頼らないサウンドメイキングが可能となります。

「どこかで聞いたあの音」の謎が解けると楽しいですね!



ちなみに「サウンドデザイン」はメーザーの通常レッスンとしても行われていますので気になる方は是非見学にお越しください◎


0129003.JPG

他にもサンプラーの使い方やエフェクトの種類とそれぞれの効果的な使い方、MIXのコツなど

参加者が一人一人体感しながら楽しく学べる盛りだくさんの内容となりました。



半日という短い時間ではありましたが、どれもツボをおさえた充実のセミナーとなったのではないでしょうか?

0129004.JPG



レッスン終了後も参加者からの質問や機材選びの相談などアフターイベントも実施。


さらにはこの日使った資料が今後の音楽制作用のハンドブックとなるというお土産(特典)まで付きました(笑)


皆様お疲れ様でした!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



毎月実施の日曜オープンキャンパスでもDTM、トラックメイク、ProTools講座といった体験レッスンを受講することができます。

この機会に1からしっかり学ぶ、もしくは普段の制作クオリティをワンランクアップしてみてはいかがでしょうか?


気になる方は是非ぜひチェックしてみてください!!→http://www.mesar.co.jp/event_opencampus_sun/

2017年02月01日 12:39

ミュージック・ギア・フェス2016 Blogでレポート!-その2-セミナー編

前回「ミュージック・ギア・フェス・2016Blogでレポート!-その1-展示編」に引き続き
今回は別のフロアにて開催された豪華セミナーの数々を紹介させていただきます。


《セミナーのラインナップも超豪華》
当日行われたセミナーはどれもが各々だけでイベントとして成立するくらいのラインナップ。

もちろん「初心者が参考にできる」内容が基本ですが、経験者からも目からウロコな内容が盛りだくさんでした。

▼ゆよゆっぺがKOMPLETEを使って8小節をカッコ良くする方法


ミュージック・ギア・フェス2016最初に開催されたセミナーとなりました。
まだ午前中からの早い開始時間にもかかわらず定員はいっぱいに!


_MG_0426.jpg

_MG_0428.jpg

_MG_0461.jpg

NativeInstruments社から発売され、今や音楽制作における定番ツールとなっているプラグインバンドル
[KOMPLETE]を使い8小節の楽曲をアレンジ行っていくというもの。
そしてその操作を行うのは「ゆよゆっぺ」氏。


VOCALOID楽曲での活躍を皮切りに、今やBABYMETALへの楽曲提供、数々の音楽フェスに登場するなど
今をときめくトップクリエイターの彼による講座は必見の内容となりました。

納得の満員御礼です◎

_MG_0458.jpg

_MG_0468.jpg

↑KOMPLETEにバンドルされているアンプシミュレータープラグイン「GuitarRig」
こちらとエレキギターを使っての音作り、ツボを公開してくれました!
素晴らしいクオリティ(>_<)



▼飛澤正人のボーカル録音実践講座


Dragon Ash、鬼束ちひろを始めとし常に第一線で活躍を続けるエンジニア、飛澤正人氏によるボーカルREC実践講座。
レコーディングスタジオではなくあくまで宅録環境を再現という形。

この日はシンガーの小寺可南子さんを迎えてのセミナーとなりました。

_MG_0518.jpg

_MG_0539.jpg


オーディオインターフェースやマイク、コンピュータの接続から、
INPUTレベルの調整、INPUTモニターの仕組みや信号の流れなど
まさにこれから宅録を始めるという方にもって来いなお話を聞くことができました。


_MG_0543.jpg


また後半ではゲストの小寺さんに実際に歌ってもらいRECを行うという
見た目的にもとてもわかりやすい内容でした。


_MG_0545.jpg

_MG_0546.jpg



また今回お越しいただいた飛澤氏ですが、つい先日よりDTMのブログとして今最も有名な「藤本健のDTMステーション」とのコラボ企画・サービス
「DTMステーションEngineering」を始められました。

なんと飛澤氏に楽曲のブラッシュアップ・ミックスを依頼できてしまうというもの!

(詳細はこちらより→http://www.dtmstation.com/archives/51985842.html)
そのほかにもセミナーなどを定期開催されるとのことですので、是非チェックしてみてください。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

☆そしてなんと、メーザー・ハウスも藤本健氏の企画との連動が決定!!
放送開始から4年近くなる「DTMステーションPlus!」の生放送をメーザー・ハウスのスタジオ内よりお送りすることが決定いたしました(^0^)/
もちろん従来通り作編曲家・プロデューサーの多田彰文氏をお迎えしての番組となっております。
ニコニコ生放送での中継、お楽しみに◎

※新年1/10(火)21:00-放送の回より生中継
http://ch.nicovideo.jp/dtmstationplus

―――――――――――――――――――――――――――――――――


▼初心者のための作曲講座 presents by MESAR HAUS


数々のセミナーが行われる中、我らがメーザーハウスからも特別セミナーを開催させていただきました。
本校でDTM・作曲などのインストラクターを担当いただいている鯨井良征氏による「初心者のための作曲講座」

1人1台ずつiMacを使い操作しながらレッスンを行うメーザースタイルなこの講座。
予想をはるかに上回るペースで定員に達しました。(たくさんのお申し込みありがとうございました!)


_MG_0550.jpg


ヒット曲に見るコード進行や、DAWを使った作曲作業の実践などまさに「ツボ」を押さえた内容で
90分という時間の中にこれでもか!というくらいのオイシイ部分の詰まったセミナーでした。


メーザーハウスでは今後も「ウィンター・セミナー」「オープンキャンパス」(どちらも参加無料)と
このようなレッスンを受けられるチャンスが目白押し。
作曲をこれから始めたい方から、極めたい方まで是非ぜひ奮ってご参加ください!!
http://www.mesar.co.jp/




▼ルーク篁(聖飢魔II)作曲セミナーCANTAでの曲作りの手法を公開


この日トリを飾ったルーク篁氏による曲作りのセミナー。
開始前の早い時間から申込者の集まる超人気セミナーとなりました!


_MG_0578.jpg



2002年よりルーク氏を中心に結成されたトリオバンド「CANTA」
今回はなんとその楽曲のデモ音源をProToolsのセッションファイルごと持ってきてくれました。



_MG_0591.jpg


肝心の内容もそこまで見せていいの!?といったものばかり。
バンドメンバーである雷電湯澤氏(Drs)やMASAKI氏(Ba)との曲作りにおけるやりとりのみだけでなく
デモ音源の、しかも各パートのソロ再生まで聞かせていただける大盤振る舞いっぷり。

_MG_0597.jpg

_MG_0638.jpg

↑デモ音源に合わせギターソロを披露する場面も



終始散りばめられたファンサービスに、ルーク氏の人気の理由が垣間見えたような
そんな素晴らしいセミナーとなりました。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



いかがでしたでしょうか?
当日はこの他にも紹介しきれないほどのセミナーやコーナーが盛りだくさんでした。


多くのメーカー、多くのアーティスト、そして多くの来場者が集う
まさに「フェス」という怒涛の1日。お陰様で大盛況のまま無事終了を迎えることができました。


そしてこの日の参加で少しでも「音楽制作」との距離を縮められた方がいらっしゃれば本当に嬉しく思います◎



☆この日の様子は新年発売の「SOUND DESINER」誌にも掲載されています。
是非お手にとって見てみてください。





以上「ミュージック・ギア・フェス2016」ブログレポート
メーザークリエイトラボ担当の笹川がお送りしました!


2017年01月25日 16:48

ミュージック・ギア・フェス2016 Blogでレポート!-その1-展示編

mgearfes_title.jpg


12/11(日)
今年度初開催となったミュージック・ギア・フェス。

ETC02-20161212112909.jpg


_MG_0408.jpg

↑寒い日が続く中、天候にも恵まれました



近年、DTMや宅録などすっかり多くの人にとって身近なものとなった「音楽制作」
このイベントはそういった「音楽制作」に関わる最新の機材展示と、有名アーティスト達による制作セミナーを
初心者にもわかりやすく楽しんでもらうということをテーマに開かれました。


すでに各地で毎年数多くの展示ショーが行われる中、
今イベントも多くの一流メーカーを招き、そして多くの企画を引っさげての堂々開催。



_MG_0412.jpg

↑記念すべき第1回目は音楽学校メーザー・ハウスが会場となりました。



そんな「ミュージック・ギア・フェス2016」当日の様子を
今回の「展示編」と次回「セミナー編」の2回に分け、たっぷりとお見せしてしまおうと思います!

_MG_0435.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




《展示会場は超満員》

今イベント目玉の1つである各メーカーによる展示。
初心者から経験者まで、目を引くアイテムがズラりと並びました。

_MG_0418.jpg

_MG_0477.jpg

_MG_0492.jpg

_MG_0494.jpg


眺めるだけでなく、メーカー担当者から解説を受けながら
実際に触って体感することができるのも楽しみの一つです。

写真や、ネット広告で見たあの機材も直接試すことができる。
そんなコーナーになっています。

_MG_0486.jpg

_MG_0490.jpg


またこれはあくまで筆者の感覚ですが、楽器系の機材については見た目のまま直感的に操作できるような、
そんな新製品が多いように思いました。
初心者からでも扱えるようメーカー側の配慮がなされているのではないでしょうか?

_MG_0499.jpg

_MG_0500.jpg

_MG_0517.jpg

_MG_0567.jpg


_MG_0514.jpg

↑大盛況の展示フロア。老若男女問わず多くの方々にお越しいただきました。



《スタンプラリー(ハズレなし!)》

_MG_0553.jpg

_MG_0554.jpg

当日は展示ブースにて押印を集めた上で抽選会に参加できるスタンプラリーも行われました。
クジはなんとハズレなし!!


_MG_0415.jpg

素晴らしい賞品の数々に思わず私も参加したくなりましたが、、、我慢しました(笑)


_MG_0572.jpg

_MG_0576.jpg

↑当選者の方々おめでとうございます!!意気込んでクジ引きした人ほど当たらなかったかも(?)



さてさてミュージック・ギア・フェス2016「展示編」いかがでしたでしょうか?
当日は、紹介させていただいた会場の展示と同時にたくさんの有名アーティストをむかえてのセミナーも行われていました。
次回「セミナー編」ではそちらの様子も、またまたたっぷりとご紹介したいと思います。
お楽しみに!!

以上、メーザークリエイトラボ担当の笹川がお送りしました!

2017年01月17日 14:20